【新連載】英語とキャリア~英語と向き合う~

本日2月22日より、新連載「英語とキャリア」がスタート。
ロンドンに本社を置くKaplan Internationalで、英語教育部門の日本統括マネージャーと進学部門の経営企画室シニアマネージャーを兼任しながらもパワフルに働くチャーチル聡子が、自身の15年にわたる海外生活を基に、キャリアにおける英語や日本人にとっての英語などをバイリンガルの視点から分析するコラム。これからは、英語が当たり前となってくる時代。そこで重宝される人材になるには。。。英語と日本語の両方で書かれているので、英語の勉強にも是非お使いください。

English and Career prologue

 

異文化での生活は、個人の思考を内と外の双方に広げる


まず簡単に私自身について、少しお話させてください。

大学卒業後、州立中高一貫教育校で日本語を教えるため、単身オーストラリアに渡りました。幼少より大学進学に際して家を出るまで、父親の仕事の関係から、常に留学生が身近にるという環境で育ちました。国費留学生であった彼らは、日本の全ての事柄に対し、あくなき探究心でもって臨んでいました。両親は留学生の面倒をよく見、家族の一員のように接していたという記憶があります。彼らを媒体に伝えられる、日本を越えた新しい未知の世界との出会いは、私にとってまさに新鮮そのものでした。また、幼かったにもかかわらず、彼らの「先生」として日本について語るという行為に得意満面でした。思い返してみると、日本語教師になったことは自然な流れだったのかもしれません。日常の隅々に溢れる美しい真の日本の良さを、海外に向けて発信していきたいと思いました。

After graduating from University, I went to Australia to teach Japanese at secondary school level. Because of my father’s work, from early childhood until I left home to study at university I was always surrounded by international students, who had a healthy appetite for learning about all aspects of Japan. My parents took good care of these students, and tried to treat them as members of the family. Continuous encounter with new and unknown lives outside Japan was an invigorating experience, and even though I was only a small child, I was proud to be their ‘teacher’, telling them about Japan. In hindsight, becoming a language teacher was something of a natural path. I wanted to introduce the ‘real’ Japan to the world, the multitude of beautiful things Japan offers.

 

メルボルンで7年間日本語教師をした後、ロンドンに移住しました。教育には関わり続けるつもりでしたが、その対象が海外の人から日本人へと移ったためです。海外留学を通して、日本についての理解を深める事業の一環を担えたらと思いました。逆説的に捉えられるかもしれませんが、自身の経験から、海外での生活を体験することにより、自国の文化について更に学ぶことができたからです。異文化での生活は、個人の思考を内と外の双方に広げる結果を生みます。気づかないうちに、自己の心の奥底の世界を探求し、自己存在や価値観について反芻し始めます。慣れ親しんだ概念外の物事に触れることは、自分自身について新たに発見する、素晴らしい機会です。

After teaching for seven years, I moved to London. By then, I was ready to change my career. Although I am still heavily involved in education, my interests and focus have shifted to people from my own country. I want to help Japanese people learn more about Japan and themselves through the study-abroad experience. This may sound paradoxical, but from my own experience, I learn more about my own cultural heritage by being overseas. Living abroad has the effect of broadening the mind outwards and inwards. Without realising it, you explore your internal world deeper, raising questions about your own existence, your cultural values, and so on. I have always believed that the encounter with things that are foreign is a wonderful way of discovering who you are.

 

海外に渡り約20年になります。その間、少しずつキャリアを積み上げてきました。営業、カスタマーサービス、マーケティング、プロジェクトマネジメントなどの職種を、グローバル企業・ITベンチャー企業・個人事業主といった様々な現場で経験できる機会に恵まれました。プログラミングや電子技師といった確固たる技術を持たない私にとって、コミュニケーション力や共感力が仕事で生き抜くための鍵となったのではないか、と感じています。

It has been more than 20 years since I left Japan and I have steadily built my career overseas. I have been very fortunate to experience a wide range of jobs – sales, customer service, marketing, project management – these at various organisations including a global corporation, and an IT vendor to self-employed entrepreneurs.  I do not hold specific skills such as programming or electrical engineering, so the key element for my career survival has been communication and empathy.

 

こちらの連載を通し、皆さんが日常の境界から一歩足を踏み出し、海外そして英語をより身近に感じていただければ嬉しく思います。

I sincerely hope that the series that I have been given the opportunity to write here will inspire readers to explore life outside their usual boundaries, and bring the overseas experience and English language much closer to their lives.

 

著者プロフィール

Satoko Churchill

 

شارك المقال
فيسبوك تويتر جوجل+ بينتريست إيميل
مقالات ذات صلة