カプラン考案iPhone/Androidアプリ「How to Speak English」がノミネートされました!

上級英語話者でも、なかなか習得しにくいのが英語特有の発音。そんな共通の悩みを抱える大勢のカプラン生徒を強力にサポートする、無料iPhone/Androidアプリ「How to Speak English 」が、最近、英語教育分野で権威のある賞の一つである2014年度ブリティッシュ・カウンシルELTons賞(2014 ELTons Awards)にノミネートされました!そこで、今話題のこのアプリが持つ利点や上達プロセスについて今回はご紹介します。

ELTonsとは、年に1回、革新的な英語教育に貢献した専門家や教育団体などを称える大変名誉がある受賞祭典です。評価対象となるのは、あらゆる面で秀でた英語コースや学習意欲を刺激する新しいタイプの学習教材などです。

How to Speak Englishアプリ
自分の発音を録音し、ネイティブの発音と比較可能

カプランが開発した「How to Speak English」アプリがこの名誉ある賞にノミネートされた秘密とは、ずばり開発視点が一貫して学習者にあるという点にあります。あらゆる言語グループの英語学習者の弱点を補強するように設計されているため、母語が何語でも、また英語力を問わず非英語母語話者に共通する分野をピンポイントで改善することができます。また、アプリの録音機能で記録した自分の発音をネイティブ話者の発音と音声、動画両方で比較することで、自分だけでは気づきにくい細かい違いも効率的に発見し、見直すことができます。

もちろん、このアプリの強みは自己学習ツールとしての機能に限ったものではありません。カプランの教室環境にあるインタラクティブ・ホワイトボードを介してこのアプリを使用することにより、授業やモジュール内でもクラス全体で画期的な発音練習ができるとともに、直接教師から指導を受けることができます。

マンチェスター校 教科主任 Matthew Spragg

カプランマンチェスター校の教科主任および総合学習スペシャリストであるMatthew Spraggさんは、「How to Speak English」アプリについて、以下のようにコメントしています:

「アプリを自分でも早速ダウンロードして使用してみましたが、あらゆる機能の中でも特に生徒が自分の母語を選択して、その母語話者に共通する弱点エリアを集中的に練習できるL1セレクターという機能が素晴らしいと思います。ネイティブの発音を視覚的に教えるビデオの質も大変良く、また学生の英語レベル別で学習の幅を限定するのではなく、英語学習者なら誰でもすぐに使えるというユーザーフレンドリー性においても非常に優れた英語学習ツールだと思います。」

スマートフォンやタブレット用の本アプリ「How to speak English」は、iOS や Android 版で使用できます。

شارك المقال
فيسبوك تويتر جوجل+ بينتريست إيميل