留学費用 簡単見積もり6ステップ

短期留学や海外旅行をご計画中の方必見!
留学費用 を見積もる際に便利な簡単な6ステップをご紹介します。

予算の立て方

ステップ1:自分の予算を明確にする

食費、交通費、交際費などなど・・・と、必要な留学費用を細かくリストアップする前に、まずは留学中に使用できる資金総額を把握することをおすすめします。それは自分の貯金だったり、奨学金、家族からの資金援助だったりと資金源は様々ですが、まず現実的な予算を割り出すことで、後々の費用計算が楽になってきます。

ステップ2:現地のお金に両替する

日本円から外貨に両替すると、思っているよりも金額が減ったという経験がある方も多いでしょう。現金よりもカード決済がより一般的な国も多いので、「あれ、残金これだけ・・・?!」となる前に、まずは、予算金額を現地のお金に両替してみてください。正確な両替ができる、オンラインの通貨両替ページも多いので、間単に正確な金額がチェックできますよ。

貯金ブタ
夢の留学に向けて、貯金がんばろう!
ステップ3:必須項目を書き出す

留学中のお買い物や観光小旅行など、娯楽費用を考える前に、まずは宿泊費、食費、交通費などの留学するには欠かせない費用を割り出しましょう。留学プログラムによっては、宿泊施設や食費も含まれている場合があるので、その点も見極めて留学計画を立てることをお勧めします。留学してみたら、授業料よりも生活費が高い!なんてことにならないようにしましょうね。また、全体の予算のおよそ10~15%分は、緊急のためにとっておくことも忘れないようにしましょう。

ステップ4:学生身分証明書カードをゲットする

世界的に通用する学生身分証明書(ISIC、International Student Identity Card)を取得しておくと、留学先の現地で学生割引を利用できるので、節約にはとても便利です。欧米では特に、美術館から公共交通施設、レストランにいたるまで、様々な場面で学生割引が提供されているので、確実にお得に留学生活を送ることができること間違いなしですよ!

ユネスコ承認、国際学生証の発行の仕方は、こちら
郵送申し込みの場合、発行には10日ほどかかるので、早めに手配準備をしておいてね!

ステップ5:留学中にしたいことを、リストアップする

ここからが、頭を悩ませるところ。留学中にしたいことがありすぎて、分からない?そんな欲張りなあなたに、とっておきのアドバイス。外出時の食事や交通費などは、下記の3タイプに大まかに分類して、予算を書き出してみてください。:

  • 日中の観光:
    留学中、必ず訪れてみたい「マスト」な観光エリアは、早めにおさえておきましょう。
    交通費や外食費、入場料など、すべてを勘定に入れてみると、大まかな出費がはっきりしてくるはずです。
  • 夜のお出かけ / イベント:
    日中の大半は授業や観光となりますが、夕方や夜なら、現地で新しくできた友達といっしょにお出かけする場面も多くなると予想されます。外食に限らず、パーティーなどの社交イベントも考えると、やはり毎週ごとの交際費を割り出しておくことをおすすめします。
  • お土産・買い物:
    語学留学や旅行での楽しみの一つがお買い物!自分のものだけではなく、家族や友人へのお土産もしっかり予算に入れておきましょう。海外にいると、ついつい衝動買いしてしまいがちなので、万が一のために、いくらか余裕を持って予算を立てておくといいですよ。
ステップ6:予算を管理する

留学する上で欠かせない必須項目、万が一の場合のお金、遊びや観光に必要な娯楽費や交際費すべてなんとか予算が立った。次のステップは?それはずばり、自分が苦労して立てた予算通りにお金を管理することです。留学中もすぐにチェックできるように、リストアップした情報をプリントアウトしておくと便利です。家計簿を付ける場合のように、できるだけレシートや領収書を取っておき、出費状況を把握しておくことも非常に大事です。

関連ブログ記事

語学留学をする10のメリット

留学に便利な持ち物チェックリスト

Compartilhe