イギリス留学体験談:夏休みを利用して留学中のマリコさんとダイキさん

冬の寒さがまだまだ続いていますが、みなさん風邪などは引いてないでしょうか?

イギリスも日本と同じく冬真っ只中ですが、今年の冬は例年に比べると、マイルドな気候と言われています。
寒さが苦手な筆者にとってはとてもうれしいことですが、例年の環境問題考えるとあまり楽観視できないのも事実ですね。

今回は、そんなマイルドな天気を謳歌しているイギリスから、素敵な日本人留学生、ダイキさんとマリコさんの留学体験についてご紹介します。

Mariko_blog_image1
宿題に取り組むマリコさん
Daiki_blog_image1
クラスメイトと談笑中のダイキさん

 

イギリスと言えば、ロンドンケンブリッジリバープールなど多くの人々で賑わう町が思い浮かぶと思いますが、この他にも古きよきイギリスの面影を残す町が多く存在します。

今回ダイキさんが選んだのが、ストーンヘンジやソールズベリー大聖堂など歴史的史跡や建造物が多く残り、観光名所としても有名な町ソールズベリー。マリコさんはローマン・バスやジェーンオースティンとゆかりの深いことで有名な静かで落ち着いた町、バースを留学先として選択しました。

そんなお二人に、イギリスでの留学経験を元にいくつかの質問をしてみました。

Q:語学留学をするきっかけは?カプランの魅力とは?

マリコさん:英語の習得にはとても意欲があります。特に、大学で英文学を学んでいるので、英語は私にとってとても重要です。

ダイキさん :カプランは英語を勉強するには最適な環境である上に、1週間毎に授業を組むことができ、自分に合った環境だと思いました。

ちなみにマリコさんは、カプランで学び始めてから特に会話力が伸びたことを実感したそうです。

その理由として、カプランでは授業中、積極的に生徒同士のディスカッション時間を持ち、一人一人が英語で話す機会があります。また、放課後に行われるソーシャルアクティビティでは、クラスメイトとの仲を深めることはもちろん、授業中に習った表現などを使うよい機会でもあるんです。

 

Mariko_blog_image3
バースの見所の一つ、ロイヤルクレセントの前で

 

Q:実際の留学生活は?

ダイキさん:正直、短期間だからあまり期待してませんでした。でも、みんなフレンドリーで友達もたくさん作ることができ、英語力もアップし、充実した3週間を過ごすことができました。

そんな風に答えてくれたダイキさん。やはり彼自身、3週間は少し短すぎるかもしれないと思ったそうです。でも実際はとても充実した留学生活を送ることができたようですね。マリコさんも、「自分が思っていたよりも遥かに楽しい留学生活を送ることが出来た」と話してくれました。

 

Daiki_blog_image4
クラスメイトと休憩時間にテレビゲームを楽しむダイキさん

 

Q:これから留学を考えている方へのアドバイスは?

マリコさん:留学先では知り合いがいないと心配になっている方もいるかも知れませんが、積極的に周りと関わって、多くの人と交流することが大切ですね。

ダイキさん:はじめは自分の国から離れることはかなり不安だと思います。でもそこで勇気を振り絞って自分の知らない文化に触れることはすごくいい経験になります。自分も海外に行ったことで世界が広がりました。短い期間でもいいと思うので、ぜひ海外に行ってみてください!

 

Mariko_blog_image2 Daiki_blog_image2

 

ダイキさんにとって、留学中にできた仲間と過ごす時間が一番好きで、「放課後に毎日違うカフェで話すことが何より最高の思い出です。」と教えてくれました。更に今回の留学経験を経て、日本に帰国後は長期留学の準備を始めるそうです!

最後に、

お二人とも、それぞれの目標に向かって留学期間中勉強に励まれていましたが、クラスメイトと仲良くされているのを見ると、とても良い出会いがあったのだなと思います。
留学は語学力の向上はもちろんですが、その他にも他の国から来たクラスメイトとの出会いや新しい自分の発見と言うのも留学の醍醐味です。

マリコさん、ダイキさん、インタビューにお答えいただいて、ありがとうございました!

立即分享