カプラン・英語コミックシリーズ『Adventures in English』 第一章

<日本語訳>

『われらのヒーロー、ハリーは、邪悪なゾンビ騎士(Knights of The Living Dead)によって城の中に閉じ込められてしまったお姫様パンクチュエーション(punctuation=句読点)を救うため、恐ろしい手下、ホモフォーン族(homophones=同音異義語)に立ち向かうのであった・・・』

ハリー:パンクチュエーション王女、私が必ず助け出してみせますよ!

シリアル・キラー:そんなにせかせかするなよ、坊や!まずは、俺様が相手だ!

ハリー:まずい、シリアル・キラー(Cereal Killer = Serial Killerに掛けている)だ!

ハリー:シリアルであるお前なんて、ランチに食べてやる!クランチ!(cruch=バリバリかみ砕くこと)

闇の声:ハリー、よくやったな。だが、もう王女をお目にかかることは無いと思え。このエンチャンテッド・メイズ(Enchanted Maize = 魔法のトウモロコシ)を倒さない限りはな!

ハリー:メイズ(mazes = 迷路)!僕、迷路大好きなんだ!楽しみだな!

エンチャンテッド・メイズ:大ばか者!お前のトウモロコシの宿敵、メイズ(Maize)だ!コテンパンにしてやる!

ハリー:あ・・・困ったな!

ハリー:この熱々の鉄剣で、ポップコーンにしてやる!

ハリー:あのトウモロコシ野郎から唯一残ったのがこれか・・・これこそ、ユニ(uni = 単一の)コーン!なんちゃって、へへ!

アオーーーーーーン!

ハリー:なんだなんだ、あれは!

ウェアウルフ:俺様は、ウェアウルフ(where-wolf)だ、ワットwhat=何)ではない!

ハリー:ウェア?何の話?!

ウェアウルフ:だから、俺様は、ウェア・ウルフ!

ハリー:君のズボンの話?(ウェア = wearに掛けている)

ウェアウルフ:もういいよ。どうせ誰も俺のことを分かってくれないんだから!

ハリー:だって君の名前、ちょっと分かりにくいもん。

ハリー:なぜ普通の狼人間werewolf)じゃなくて、where-wolfなの?道にでも迷った?

ウェアウルフ:普通の狼人間だと、面白くないからさ。。。

ハリー:さっきから、変な悪党たちばかり出てきてるけど、なんなんだよもう。まぁ、だけど君、他のやつらとは違って、個性があるね。

ウェアウルフ:本当にそう思う?!

ハリー:うん、もちろん!

ウェアウルフ:お前、今まで姫を助けに来たやつたちとは違うようだな・・・今回だけはハリー、道を通してやるよ。ゾンビ騎士(Knights of The Living Dead)に気をつけることだな!頭を使うんだ!

ハリー:ゾンビ騎士、出て来い!お前なんて、やっつけてやる!

ハリーの旅は続く・・・

☆ 登場した同音異義語たち ☆

Cereal: シリアル(コーンフレークやオートミールなど)
Serial: 連続の (serial killer 連続殺人犯)

Maize: トウモコロシ 
Maze: 迷路

Where: どこ、どこに(で) 
Were(wolf): 狼人間

Knight: 騎士 
Night: 夜、夜間、晩

シェアする