クリスマストリビア

 

みんなが大好きなクリスマスは人を少し幸せな気分にさせてくれる力があると思います。海外のクリスマスは日本のクリスマスとは少し意味合いが違い、家族でお祝いをするのが定番です。

今回はクリスマスにまつわるトリビアをご紹介します。

クランプス

“いい子にしていないとクランプスがやってきて、お仕置きをするよ!”

ドイツやオーストリアでは、サンタにクランプスが同行して、良い子にはプレゼントを、悪い子にはお仕置きをするといわれています。まるで日本のなまはげのようなお話が海外にもあるんです。

クリスマスクラッカー

イギリスのクリスマスの習慣で、クリスマスディナーの時にクラッカーを参加をしているみんなで一緒に引っ張るというイベントがあります。クラッカーの中には通常小さなおもちゃと、紙の王冠が入っています。この王冠をかぶって、クリスマスディナーを楽しみます。

クリスマスプレゼント1

40%のクリスマスプレゼントは翌年の3月までに壊れているといわれています。

クリスマスプレゼント2

自由の女神は世界で一番大きなプレゼントだったことをご存知ですか?フランスからアメリカの独立100年を記念して贈られました。

クリスマスソング ジングルベル

1965年に初めてジングルベルが宇宙のスペースシャトルの中で歌われました。

さてクリスマストリビアを楽しんでいただけましたか?皆さんのクリスマストリビアも教えてください!!

シェアする