カプランの長期留学におすすめのコース

3月もそろそろ終わりを向かえようとし、来月4月からは新学期、新学年、新年度が始まります。3月で一旦区切りをつけ、4月から『長期留学』という形で新しい生活をスタートさせる人もいます。最近では4月から大学を休学して長期留学する人のほかに、9月から大学を休学して海外に旅たつ人や海外の大学進学のために英語レベルを上げるために長期留学する人など様々です。

今回は、そんな長期留学にぴったりのカプランの長期留学プランをご紹介します。

カプランの長期留学

 

カプランのお得な長期留学向けコース


カプランでは留学期間が5ヶ月以上の留学を「長期留学」と呼んでいます。 カプランである一定の期間の長期留学であれば、長期割引がきくお得なコースがあります。それが、“長期8ヶ月留学プラン”と“長期5・6ヶ月留学プラン”です。期間や1日の授業時間のよって全部で6種類のコースにわけられます。
全コースとも学期制で、開始日が設定されています。各学期毎に休暇をしっかりと取ることで、新たな授業に心機一転リフレッシュをしながら進めることができます。

それでは、コースの種類を見てみましょう。
長期8ヶ月留学プラン
総合英語コース(長期8ヶ月留学プラン)
集中英語コース(長期8ヶ月留学プラン)

長期5・6ヶ月留学プラン
総合英語コース(長期5もしくは6ヶ月留学プラン)
集中英語コース(長期5もしくは6ヶ月留学プラン)
※ロケーションによって提供されているコースが限られている場合があります。

このように、総合英語コースと集中英語コース、期間で分けると全部で6種類のコースがあります。

「総合英語」と「集中英語」の違いを詳しく知りたい方は、以前このブログで紹介した、「短期留学にぴったり!カプランのフレックス英語コース」記事をご参考ください。

 

長期留学はこんな方におすすめ


カプランの長期留学

 

総合的な語学力の向上を目指したい

語学習得は英語4技能(“スピーキング”、“ライティング”、“リスニング”、“リーディング”)に加え、文法やボキャブラリーなどの基礎学習が大切です。長期留学で、総合的な語学力の向上を目指す場合、時間を有効的、且つ充分に基礎学習に充てることで飛躍的な向上が期待できます。また長期滞在をすることで、“スピーキング”や“リスニング”など実生活の中でその力を伸ばすことができます。

 

ワンランクアップの語学力

カプランでは、「インテンシブ英語」を受講した場合、約10週間でひとつ上のレベルに上がるようにカリキュラムが組まれています。例えば、32週間のアカデミック イヤーを中級でスタートすると、中級、中級(上)、上級とステップアップし、コース終了時には上級の中でも上のレベルで、Proficiencyレベル(ネイティブと同様レベルで、日常生活以外の、専門的な会話も理解できる)に到達できる可能性もあります。また、国際的に認定されている資格取得も可能です。どのような選択肢があるかは、下記のスタディープランの例でご紹介します。

 

海外の大学に留学することが目標

将来海外留学を目指している学生には、カプランの大学進学出願サービスを提供しています。長期留学中に、大学で勉強するために必要な「アカデミック英語」や、TOEFL、IELTSのスコアアップを目指し、試験対策コースを受講することができる学校もあります。大学のオンキャンパスに学校があるロケーションもあり、カプランの学生も地元の大学生と同じようにカフェテリア、ライブラリーやスポーツジムなど、キャンパスの施設を使用することができ、実際のキャンパスライフを味わうことが出来ます。
また、カプランで一定のレベルを修了すれば、TOEFLのスコアが免除され、大学に編入できる学校もあるので、海外留学を目指している方にはお勧めのコースです。

 

長期パッケージで経済的にお得

長期パッケージコースは、割引が適用されるので、費用をおさえたい方にピッタリです。例えば、ロンドンでジェネラル英語を20週間受講する場合、通常の価格は5100ポンドですが、ジェネラル長期5・6ヶ月留学プラン(20週間)を選択すると4,525ポンドになり、まったく同じ授業時間、内容で、575ポンド(約8万500円、2017年2月28日現在)もお得になります!

 

あなたはどれにあてはまる?目標別スタディープラン


長期滞在の利点を活かし、語学力向上以外でプラスαのレベルアップもお薦めします。
なかでも、専門知識や形に残る資格を取得する事は有効でしょう。長期留学プランで集中英語コースを選択された場合、語学力が一定のレベルに達すれば、 “ビジネス英語”や“英語試験対策”、“専門英語”を授業の一環として、受講することができます
どのようなコース選択が可能であるのかは、以下の“スタディープラン”*で例を挙げながらご紹介したいと思います。
*約10週間で一つレベルアップすることを前提としたプランです

 

目標例①:総合的な語学力向上とプラスαの知識を習得したい
 

●スタディープラン1:集中英語コース(長期5・6ヶ月留学プラン)を中級(下)でスタートした場合

  英語レベル スタディープラン
1学期

中級(下)

総合英語レッスン(1日3時間)でしっかり基礎をマスター。特別スキルクラスでは、英語4技能の中での弱点(例えば、リスニング&スピーキングのクラスを選択)を重点的に強化し、総合的な語学力を伸ばす。

2学期

中級

総合英語レッスンでさらに実力をつけ、特別スキルクラスでは「ビジネス英語」を選択

結果:総合的な語学力の向上はもちろん、ビジネスで使える英語の知識をを習得することが可能です。

●スタディープラン2:集中英語コース(長期8ヶ月留学プラン)を中級(下)でスタートした場合

  英語レベル スタディープラン
1学期

中級(下)

総合英語レッスン(1日3時間)でしっかり基礎をマスター。「特別スキルクラス」では、英語4技能の中での弱点(例えば、リスニング&スピーキングのクラスを選択)を重点的に強化し、総合的な語学力を伸ばす。

2学期

中級

総合英語レッスン(1日3時間)でさらに実力をつけ、特別スキルクラスでは「ビジネス英語」を選択

3学期

中級(上)

専門英語コースや、国際的に認識されている英語の資格「ケンブリッジ英検」FCE準備コースの選択が可能です。

※1学期、2学期の特別スキルクラスは、他にも、ライティング、ボキャブラリー&発音、時事英語、文化など、各校で提供されているオプションの中から選択できます。

結果:コース終了時には、ビジネスや、専門分野で役立つ英語の知識を習得できます。ケンブリッジ英検準備コースを受講すれば、FCEレベルを取得できる可能性も大!!ケンブリッジ英検には有効期限がないので、一生の資格として認めらています。

 

目標例②:海外大学進学のためのIELTSもしくはTOEFLのスコアアップ
 

●スタディープラン1:集中英語コース(長期5・6ヶ月留学プラン)を中級でスタートした場合

  英語レベル スタディープラン
1学期

中級

総合英語レッスン(1日3時間)でしっかり基礎をマスター。「特別スキルクラス」では、英語4技能の中での弱点(例えばライティングのクラスを選択)を重点的に強化し、総合的な語学力を伸ばす。

2学期

中級(上)

TOEFLやIELTSクラス受講可能レベルに到達。一学期できっちりと固めた基礎をもとに、各英語試験に向けテスト対策。(*下の例は、インテンシブIELTSコースを選択した場合です)

結果:1学期で総合的な語学力を伸ばし、2学期で集中的に試験勉強することで、到着時に比べて大幅なスコアアップを見込めます。

 

目標例③:現在の語学力に自信がなく総合的な語学力を伸ばしたい
 

●スタディープラン1:総合英語コース(長期8ヶ月留学プラン)を初級でスタートした場合

  英語レベル スタディープラン
1学期

初級

総合英語レッスン(1日3時間)でしっかり基礎をマスター。

2学期

中級(下)

最初はリーディングや、文法が強い傾向にあるといわれる日本人ですが、この頃からスピーキングやリスニングがメキメキと上達してきます。

3学期

中級

プラスαになる知識や資格を取得するための、「特別スキル」クラスを受講するため、「インテンシブ」クラスにアップグレード。選べる選択肢が増えてきます。
「特別スキル」クラスでは、ビジネス英語や専門英語コースなどの選択肢の中から、自分の目標のために必要な特別スキルクラスを選択。

結果:初級から始めても、ビジネスや、専門分野で役立つ英語の知識を習得でき、留学終了後に役立つプラスαの知識をもって、留学を修了することができます。

 

総合英語レッスンや特別スキルクラスの他にも、“K+Club”、“K+Tools”、“K+eXtra”を積極的に活用し、全体的な語学力アップを目指します。学期ごとに立てた目標を一つ一つクリアし自信をつけ、実りある留学生活を送りましょう。
この他、みなさんの現在の語学レベル、留学目的、費用によって、様々なスタディープランを組むことができますので、カプラン留学アドバイザーにご相談ください。

 

         カプラン語学学校へ資料請求(無料)             カプラン語学学校へお問い合わせ

シェアする
関連記事