<メディア掲載のお知らせ>グローバル化社会を生きる術を子どもに・・・語学留学という選択(ReseMom)

2018年1月29日配信「ReseMom(リセマム)」(株式会社イード)にKaplan International Englishの記事掲載されました。

Kaplan International Englishは80年にわたり独自の英語教授法と学習カリキュラム「K+(ケープラス)ラーニングシステム」の開発を進めてきました。現在は世界6カ国38校の語学学校の運営を行っています。その他、日本の高等教育機関にあたる「Mander Portman Woodward(MPW)」をイギリス国内の3地域で運営する他、20を超える大学提携先、多様な選択英語コースをご用意し、語学の枠組みを超えた学びの場を模索し続けています。

当記事では、受験を控えたお子さまを持つご家族に、「海外の就学経験」提案と、「脱、受験英語」を唱えた新たな海外留学の指南をいただきました。
これからお子さんを海外に留学させたいと考えていらっしゃる、すべての親御さまにぜひご覧頂きたい内容です。
 

■本件に関する報道関係のお問い合わせ
Kaplan Japan株式会社
担当: 広報 佐藤典子 
TEL: 03-5909-2021
E-mai: [email protected]

シェアする