CoronaVirus Latest Updates

カプランよりお知らせ

新型コロナウイルスへの対応について

カプラン校舎の最新情報

学校を再開に向けた安全対策強化計画について最新情報をお知らせいたします。 再開の日程は地方自治体の規制に委ねており、今後変更される可能性もあります。

カナダ – トロントバンクーバーの両校舎におけるコロナウイルス安全対策強化計画については、IRCC(カナダ移民局)によるDLIリストに承認されています。就学許可証を持っている学生は、どちらの校舎でも学習することができます。
バンクーバー校は再開しており、対面授業を実施しています。 トロント校は現在すべての授業がオンラインでの提供となっており、2021年2月22日(月)に対面授業を再開する予定です。

ニュージーランド – オークランド校は再開しており、対面授業を実施しています。

オーストラリア – 現在オーストラリアの校舎はすべて、すでにオーストラリアに入国済みの学生に対してのみ対面授業を行っております。 2021年末までオーストラリアの国境を封鎖するという最近の発表により、現在は海外からの申し込み予約を受け付けておりません。

イギリス – すべての校舎が一時的に閉校しており、すべての授業がオンラインでの提供となっています。学校は、2021年3月8日(月)までに対面授業を再開する予定です。

アイルランド– ダブリン校は一時的に閉校しており、すべての授業がオンラインでの提供となっています。国境封鎖が延長されない限り、学校は2021年3月8日(月)までに対面授業を再開する予定です。

アメリカ – ボストンハーバードスクエア校、シカゴ校、ニューヨーク校、シアトル校は再開しており、対面授業を実施しています。地方自治体のアドバイスにより、 サンフランシスコバークレー校、ロサンゼルス校、サンタバーバラ校 では2021年2月15日(月)まですべての授業がオンラインでの提供となっています。

スイス – アルパディアモントルー校では、試験準備コースとプライベートレッスンを除き、授業はオンラインでの提供となっています。

ドイツ – アルパディアベルリン校、アルパディアフライブルク校では、すべての授業がオンラインです。制限が延長されない限り、学校は2021年2月15日(月)に再開する予定です。

フランス– アルパディアリヨン校は再開しており、対面授業を実施しています。

安全対策措置

カプランでは、学生ならびにスタッフに対して最大限の安全対策を施行します。各国政府の安全対策措置に従った各センターでの安全対策についてはこちら

更新日: 2021年2月5日

これからの海外渡航に向けて

これからの海外渡航に向けて

目的地へ渡航出来るかどうかというのは、渡航先や居住国によって大きく異なります。
情報を得るのに適しているのは、政府が発信するコロナウイルスについてのWebサイトです。目的地それぞれの情報は以下より確認することができます。

  • イギリス – 渡航にはコロナウイルス検査を受け陰性であることを証明するものが必要です。また渡航後は10日間隔離を行っていただく必要があります。南米を含む多くのリスクの高い国からの旅行は禁止されています。詳しくはをご覧ください。

  • アイルランド – アイルランド政府は現在ビザを発行していません。EU以外の学生は、学校が再開するまで渡航の延期をお願しています。 詳しくはをご覧ください。

  • アメリカ – アメリカに到着した中国、イラン、EU Schengen圏、イギリス、アイルランド、ブラジル からの訪問者へは、14日以内の間国境が閉鎖されています。 F1ビザ保有者を含む、EU Schengen圏、イギリス、アイルランドからの特定の訪問者に対する米国のNational Interest例外規定免除は引き続き適用されます。詳しくはをご覧ください。

    訪問者は飛行機でアメリカに渡航する3日前以内にコロナウイルス検査を受ける必要があります。飛行機に搭乗する前に陰性の検査結果を航空会社に提示する、もしくはコロナウイルスからの回復に関する文書を提示するように求められます。詳しくはをご覧ください。

    シアトル校とロサンゼルスのウェストウッド校では、到着後14日の隔離が必要です。シカゴ校、ボストンハーバードスクエア校、ニューヨーク校ではコロナウイルス検査結果により隔離を回避することができます。サンフランシスコバークレー校とサンタバーバラ校では隔離は推奨とされていますが、必須ではありません。

  • カナダ – 14日間の隔離に加え、飛行機搭乗時刻の72時間前までのPCR検査陰性結果が必要です。すべての学生は学期やコースの種類関係なく、IRCC(カナダ移民局)によって発行された学習許可証が必要です。

  • オーストラリア – オーストラリアの市民と居住者、およびニュージーランドからの特定の訪問者を除き、国境は閉鎖されています。詳しくはをご覧ください。

  • ニュージーランド – ニュージーランドの市民と居住者、およびオーストラリアと太平洋諸島からの特定の訪問者を除いて、国境は閉鎖されています。 詳しくはをご覧ください。

  • スイス – 国境は開かれています。感染リスクの高い国や地域から到着する人々は、到着後10日間の隔離が必要です。詳しくは をご覧ください。

  • ドイツ – ドイツ到着前の10日間に感染リスクの高い国に滞在したことのある学生は、10日間の隔離が必要です。入学前にオンラインで到着報告をする必要があります。州ごとに異なる制限が適用されます。詳しくはをご覧ください。

  • フランス – 国境は開かれており、EU、オーストラリア、日本、ニュージーランド、ノルウェー、韓国、スイス、タイ、およびその他いくつかの国の国民に対してコロナウイルス関連の制限はありません。他の国からの訪問者は旅行前過去72時間に実施されたPCR検査での陰性でフランスに入国することができ、空港や港に入るときに再度テストを受けていただく場合があります。詳しくはをご覧ください。

更新日: 2021年2月5日


Are Kaplan schools open?

レッスンについて

生徒および学校スタッフ、ホストファミリーの健康と安全を第一に考慮し、対面式のレッスンを一時停止し、代わりにオンラインレッスンに移行します。オンラインレッスンは、3月23日(月)~7月13日(月)まで実施されます。

オンラインレッスンは、生徒が持っているデバイス(ノートパソコンやスマートフォンからアクセスできるもので、対面式レッスンと同じ時間に担当の講師から受けます。オンライン上でもグループアクティビティやプレゼンテーション、クイズなどを実施し、教室で受けるレッスンに限りなく近いレッスンを考えています講師は、継続して生徒の進捗度をモニターし、KITEを使用した定期テストで進捗状況を測定します。また、引き続きK + OnlineおよびK + Online Extraツールにアクセスできます。

詳細は、留学アドバイザーにお問い合わせください。

お問い合わせ

Can I study now?

今すぐ授業を受けられますか?

日本にいながらバーチャル留学を体験できる「K+ LIVE」にてカプランの授業を受けることができます。海外渡航に対する制限が無くなるまでの期間、ご自宅からオンラインで英語を学べるオプションです。

K+ LIVEは、通常の対面式授業と同様、経験豊かな教師指導の下、他の留学生と共に行なわれる少人数制のバーチャルクラスです。授業以外にも、オンラインアクティビティに参加したり、無制限にアクセスできるオンライン教材を存分に活用したり、個々の目的に合わせて英語力を伸ばせる環境を提供しています。

詳細はこちら

今後のコースお申し込みについて

コースへのお申し込みはいつでも承っております。この度の新型コロナウイルスの影響をみて、特別措置「Book with Confidence」を取らせていただいております。お申し込みをお考えの方はぜひご一読ください。

Book with Confidenceは、留学生のみなさんに安心して、思い切り留学を楽しんでもらうため、9月30日(水)までにご予約頂いた言語コースなら、向こう18ヶ月間での開始日変更が追加料金なしで可能になる保証です。

また、新型コロナウイルスの影響(政府が定めた渡航制限やフライトのキャンセル、新型コロナウイルスの症状など)により留学を止む終えず中断となった場合、すべてのキャンセル料は免除され、入学金と滞在先手配料を返金いたします。

I’m planning ahead – should I book?

開始前のご予約コースについて

学校は7月13日(月)までオンラインレッスンとなりますが、以降は通常の対面式レッスンに戻る予定です。詳細は、留学アドバイザーにお問い合わせください。

お問い合わせ

I’m booked for a future date – can I come?

詳細は、留学アドバイザーにお問い合わせください。

お問い合わせ
FOR MORE INFORMATION