英語の早口言葉15選|楽しく続けて苦手な発音を簡単マスター!

英語の「早口言葉」は発音の練習にもなるのをご存じですか?
日本語の「赤巻紙青巻紙黄巻紙」のようなもので、「Sh」と「S」、「R」と「L」、「V」と「B」など似ている発音の練習に効果的です。初めは誰しもうまく言えませんが、訓練すれば舌や口の筋肉が鍛えられて流暢に言えるようになります。英語の発音に悩んでいる人に向けて、発音の練習ができる英語の早口言葉をご紹介します。

 

英語の早口言葉

 

||目次||

1. 英語の発音練習に効果的な「早口言葉」

2. 「Sh」と「S」の発音練習に効果的な早口言葉

3. 「R」と「L」の発音練習に効果的な早口言葉

 

英語の発音練習に効果的な「早口言葉」


早口言葉は舌がもつれそうなことから、英語で「tongue twister」と言います。ネイティブでも子供から大人まで慣れ親しんでいる早口言葉のメリットをお伝えします。
 

早口言葉を覚えるメリット

何よりも、苦手な発音を楽しく取り組みながら克服できるというのがポイントです。特別な教材などは必要ありません。語尾が「ng」で終わるような鼻濁音の練習をしていると、腹式呼吸の練習にもなります。

 

早口言葉を上手に活用するポイント

英語の発音が日本人にとって難しいとされる理由の一つが、日本語にはない難しい発音や普段使わない発音があることです。
最もよく言われるのが「R」と「L」の発音の違い。2つの音は似ていますが、正確に発音しないとネイティブの人には通じません。早口言葉を練習する際は、自分が苦手な発音を把握すること、正確な発音を心がけることが大切です。ネイティブの人でも、最初はなかなか上手く発音することができません。焦らずゆっくりと、徐々にスピードアップしてみましょう。

 

「Sh」と「S」の発音練習に効果的な早口言葉


日本語の「シ」に近い「Sh」と「S」の音は、区別が難しい発音の一つです。交互に発音する早口言葉で、2つの音の違いを意識しながら練習しましょう。
 

She sells seashells by the seashore.

意味:彼女は海岸で貝殻を売ります。

「she」の「Sh」と「sells」の「S」、「seashells」の「S」と「Sh」、「seashore」の「S」と「Sh」というように、交互に登場する「S」と「Sh」の違いを意識しながら発音するのがポイントです。

 

The sixth sick sheik’s sixth sheep’s sick.

意味:病にかかった6番目の長老が飼う6番目の羊は病気です。

「最も難しい早口言葉」としてギネスにも認定されています。「sixth」に含まれる「S」と「th」をはじめ、「sick」の「S」、「sheik’s」の「Sh」と「S」、「sheep’s」の「Sh」と「S」というように、「S」「Sh」「th」を正しく発音するのが難しい早口言葉です。

 

Shoes and socks shock Susan.

意味:靴と靴下がスーザンに衝撃を与えます。

発音のポイントは、「shoes」の「Sh」、「socks」の「S」、「shock」の「Sh」、「Susan」の「S」といった「S」から始まる音を明確に発音することです。

 

The ship’s in shipshape, sir!

意味:船は整然としています、サー!

ポイントは、「ships」に含まれる「S」と「Sh」、「shipshape」にある2つの「Sh」の音などを、それぞれ明確に発音することです。

 

Selfish, shellfish.

意味:わがままな貝。

「S」と「Sh」の違いを意識して発音しましょう。「selfish」の「Sh」の後に、続けて「shellfish」の「Sh」を発音するのが意外と難しい早口言葉です。

 

「R」と「L」の発音練習に効果的な早口言葉


日本語にはない発音の「R」と「L」は、日本人が最も苦手とするものです。「R」の発音には舌を喉のほうへ持っていき、「L」は舌を前歯の後ろに付けて発音します。


Little Linda lamb licks her lovely lips.

意味:子羊のリンダが、かわいい唇を舐めます。

ポイントは、「little」「Linda」「lamb」「licks」「lovely」「lips」に含まれる「L」の発音に注意することです。

 

Red lorry, yellow lorry, red lorry, yellow lorry.

意味:赤いトラック、黄色いトラック、赤いトラック、黄色いトラック。

「red」の「R」や、「lorry」の「L」と「R」など、「R」と「L」を交互に繰り返し、鍛えられる早口言葉です。2つの音の違いを意識して発音しましょう。

 

Little Larry loved his leaping lizards.

意味:小さなラリーは、彼のビックリトカゲが大好きでした。

この早口言葉は、「L」が「R」の発音にならないように気を付けるのがポイントです。

 

Red leather, yellow leather.

意味:赤い革、黄色い革。

「red」の「R」と、「leather」や「yellow」に含まれる「L」の発音の違いを意識して練習しましょう。「leather」で「Th」の音も同時にトレーニングできます。

 

One smart fellow, he felt smart. Two smart fellows, they felt smart. Three smart fellows, they all felt smart.

意味:1人の賢い男、彼は賢い感じがしました。2人の賢い男、彼らは賢い感じがしました。3人の賢い男、彼ら全員が賢い感じがしました。

「fellow」と「felt」の発音に気を付け、文章それぞれのつながりと区切りを明確に言うようにするのがポイントです。

 

 

 

「V」と「B」の発音練習に効果的な早口言葉


「V」と「B」の音も日本人には難しい発音です。「V」は下唇を軽く前歯で噛んだように「ブ」と発音し、「B」は日本語の「バ行」と同じように発音します。
 

Brown bees buzzed busily beside the bluebells.

意味:茶色い蜂たちが、ブルーベルのそばで忙しくブンブン飛びました。

それぞれの単語に含まれる「B」の音は、口を閉じないと発音できません。連続して言いにくいので、練習になります。

 

How many bagels could a beagle bake if a beagle could bake bagels?

意味:もしビーグル犬がベーグルを焼けるとしたら、いくつ焼けるでしょうか?

ポイントは「B」の音を含む「bagels」、「beagle」、「bake」の発音をスムーズに出せるようにすることです。

 

Vincent vowed vengeance very vehemently.

意味:ヴィンセントは、とても激しく復讐を誓いました。

「V」の単語が続く早口言葉です。「V」の発音を意識して練習しましょう。

 

Veronica bit into a very bad berry.

意味:ヴェロニカはとてもまずいベリーにかじりつきました。

「Veronica」と「very」の「V」の音と、「bit」と「bad」、「berry」に含まれる「B」の音の違いを意識して発音しましょう。

 

Vivian believes violent, violet bugs have very big value.

意味:ヴィヴィアンは、激しいすみれ色の昆虫に大きな価値があると信じています。

「believes」、「violet bugs」、「very big value」と、「V」と「B」の音が交互に出てきます。「V」と「B」の違いをしっかりと意識して、発音するのがポイントです。

 

ゲーム感覚で楽しみながらトレーニングするのがコツ


日本人にとって発音が難しい音を中心に、練習できる早口言葉をご紹介しました。今回取り上げた早口言葉で繰り返し訓練すれば、難しい「S」と「Sh」、「R」と「L」、「V」と「B」の発音も上達し、英会話でもスムーズに発音できるようになるでしょう。早口言葉をマスターするには多少の時間も必要です。勉強というよりもゲーム感覚で、リズムよく楽しみながらトレーニングしてみてください。

Поделиться
другие статьи