ロンドン留学体験談:岩田さんの留学体験談パート3 -レジデンス編-

ロンドン留学体験談 (アコモデーション編 Part 3)

場所はDistrict Line、Hammersmith Line上のAldgate Eastという駅から5分程歩いたところにあります。
レスタースクエア校にはDoor to Doorで30分もかからずに通うことが出来ます。
周辺施設も駅とレジデンスの間にTescoというスーパーや、スターバックスがあるので生活には困りません。

レジデンスは正面玄関から、フラットと呼ばれる共同部屋、自分の個室まで三重ロックとなっていてセキュリティも万全です。
1階にはランドリーとビリヤード等が置いてある共用ルームがあって、洗濯も出来ますし、他の階の友人との交流も深められます。
フラットには私を含めて計6人住んでいて、フランス人が2人、スイス人、イタリア人、カザフスタン人がそれぞれ1人ずつと国際色豊かです。
各フラット内に共同キッチンがあり、コンロ、電子レンジ、冷蔵庫も揃っていて、フォーク・ナイフやお皿など基本的な食器類も共用で使えます。

学生寮のキッチン
個室は家具付きで、ベッド、机、収納棚などの家具はもちろん、シャワー、トイレも個別でついています。

 

私のフラットメイトは、皆若い年代でコベントガーデン校に行っていますが、毎週水曜日は持ち回りで食事を作ってお互いに振る舞ったりするので、食事の際に交流を深める事が出来ます。
私は、学校終わった後はクラスメイトとパブに行ったり食事に行ったりすることが多く帰りも遅いので、余りレジデンス内でのイベントには参加していませんが、キッチンで頻繁にパーティもやっているので、参加しようと思えばそこで英語のアウトプットをすることも可能だと思います。

 

学生寮の個室

次回は、カプランのソーシャルアクティビティについて、ご紹介します!

 

シェアする