アメリカ留学

アメリカ語学留学の特徴 |  語学留学プログラムと費用 |  ビザ申請について |  語学留学時の滞在先 |  アメリカでおすすめの学校

アメリカ語学留学の特徴

アメリカ留学の特徴はその選択肢の多さで、世界中から毎年多くの学生が集まります。
学校は西海岸沿いと東海岸沿いに点在し、街の中心部に位置する校舎があれば、大学内に校舎を構えるものもあります。

日本やほかの留学先の国に比べて物価が高めですので、ニューヨークなどの都市部を希望する場合は経済面に注意して留学プランを立てる必要があります。
都市ごとに大きく雰囲気が異なるので、希望の都市が自分の留学のイメージに合っているかを確認しましょう。

また、特に人気の都市では日本人留学生の数が多くなりがちなので、日本人同士で固まらないようにするなどの工夫が大切です。なるべく英語を話す環境に身を置くよう努力し、世界中から留学生が集まる素晴らしい環境を十分に利用することが留学を成功させる秘訣です。

カプランでは人気都市のニューヨークやロサンゼルス、サンフランシスコなどの主要都市に20校の語学学校を抱えています。それぞれの学校で、2週間の短期留学から8ヶ月以上の長期留学まで幅広いプログラムを提供しています。
学校にはシティー型とオンキャンパス型があり、オンキャンパス型ではアメリカの大学の雰囲気を感じながら授業を受けられます。大学出願サポート(UPS)サービスも提供しているので、将来的にアメリカの大学へ進学を検討している方には強い味方です。

ここからは、アメリカの短期留学と長期留学の特徴や、ビザや滞在先に関してポイントをご説明します。

 

詳しくは
アドバイザーに問い合わせる

無料パンフレットを請求する

 

語学留学プログラムと費用

●長期留学の特徴とメリット

長期留学とは一般的に半年から一年以上の留学のことをいいます。たいていの場合、大学生であれば休学し、社会人であれば会社を退職する必要がありますが、長期留学でしか得られない経験もあります。

長期留学には以下のようなメリットがあります。

  • 英語で不自由なくコミュニケーションが取れるようになる。
  • 英語が話せるようになることで自身の進路やキャリアパスが大きく広がる。
  • アメリカの大学への進学を視野に入れられる。
  • 世界中から集まる留学生と友好関係が築ける。
  • 広い国内の各地にある観光名所に足を延ばすチャンスが多くなる。

 

●長期留学はこんな人に向いています

長期留学は、将来英語を活かした仕事に就きたい方や、アメリカの大学・大学院への進学を考えている方におすすめです。
カプランの学習メソッドでは、目安として10週間でレベルが1つ上がるので、例えば30週間(約7.5ヶ月)勉強すると、中級(下)から始めても上級レベルまで上達が期待できます。

 

●大学出願サポートサービス(UPS)

アメリカの大学への進学を考えている方には、大学出願サポートサービスを提供しています。
カプランはイギリス、カナダ、アイルランドの大学とも提携がありますが、提携先が最も多いのはアメリカで、その数は140校以上に上ります。
経験豊富なスタッフが大学選びから出願までのプロセスをサポートし、スムーズな進学をお手伝いします。16週以上留学される方には1回無料で提供され、毎年多くの留学生がこのサービスを利用して大学に進学しています。ただし、入学を保証するものではありません。

英語力が進学可能なレベルに満たない場合は、英語コースで語学力を強化しながら進学を目指せます。

 

●長期留学の費用について

長期留学の費用は、授業料と滞在費が大きな割合を占めます。パッケージコースで申し込む場合、授業料に長期割引が適用されるので、その分割安です。
滞在費は留学する都市や生活スタイルによって異なります。以下に、必要となる学費と滞在費の目安を記載しますので、参考にしてください。

サンタバーバラ校で総合英語コース(長期留学プラン)とホームステイ(ツイン)場合

期間 授業料 滞在費 合計金額
6ヶ月

$8,980

$4,895

$13,875

8ヶ月

$11,220

$6,195

$17,415

 

●短期留学の特徴とメリット

短期留学とは、2週間から数ヶ月くらいまでの留学のことです。夏休みなどの休暇や、新しい仕事に就くまでの間を利用して気軽に留学できるのが特徴です。
授業時間数が異なる3つのコースを用意しているので、観光などを楽しみたい方も、集中的に英語を勉強したい方も、目的に合わせて選択できます。
授業が終わった後には学校が用意するさまざまなアクティビティに参加できるので、放課後も飽きることなく過ごせるでしょう。
短期留学には以下のようなメリットがあります。

  • 休みなどを利用して比較的気軽に留学できる。
  • 授業数が少ない半日英語コースなら、3ヶ月以内であればビザ取得の必要がない。
  • 短期集中で英語力を上げるTOEFL® 、GMAT®、GRE®の試験対策コースを受講できる。
  • 長期留学と比べてコストを抑えられる。
  • 長期留学を考えていて不安がある場合は、トライアルとして利用できる。

 

●短期留学はこんな人に向いています

短期留学は、初めて留学する方や、限られた期間の休みを利用して留学してみたい方におすすめです。夏休みを利用する場合や、転職の合間を使って集中的に英語を勉強したい方にも向いています。
将来長期留学を視野に入れていて、その視察も兼ねて短期留学に行くのも良いでしょう。

 

●試験対策コース

TOEFL®、GMAT®、GRE®の試験対策コースは、短期間で集中してスコアアップを目指すことができるコースです。TOEFL®試験対策コースはアメリカ14校で受講できます。GRE®対策コースは12校、GMAT®対策コースは9校でそれぞれ受講可能です。

・TOEFL® 試験対策コースの概要
TOEFL®
はアメリカやカナダの大学・大学院に留学する際、取得したスコアが英語力の証明として使われる試験です。
アカデミック英語スキルに重点を置いた授業は平均12人の少人数クラスで行われ、試験問題の実習や実際の TOEFL® iBT と同様のオンライン模擬試験が含まれます。
留学期間は4~16週間で週20レッスンあり、集中的に英語力を伸ばします。

・GMAT®対策コースの概要
アメリカでMBA取得を目指す場合に不可欠なGMAT®を集中的に攻略する12週間のコースです。
通常授業、試験対策、宿題、模擬試験と、授業とストラクチャースタディの両方を駆使したプログラムでは、カプラン独自のテスト教材を使用します。
短期間で目標スコアの獲得を目指せるコースです。

・GRE®対策コースの概要
アメリカで修士号や博士号の学位取得を目指す方には欠かせない試験がGRE®です。
このコースでは、12週間にわたって試験に必要な英語力の向上を図ります。専用の教材を使用することで出題されるトピックや問題の傾向への理解を深め、より高いスコアの獲得を目指します。

 

●短期留学の費用について

短期留学にかかる主な費用は、学費と滞在費に加え、渡航費などがかかります。ここでは学費と滞在費の目安を記載します。

ニューヨーク・ソーホー校で半日英語コースを選び、ホームステイ(ツイン)で滞在する場合

期間 授業料 滞在費 合計金額
1ヶ月

$1,660

$1,220

$2,880

2ヶ月

$3,200

$2,440

$5,640

3ヶ月

$4,800

$3,660

$8,460

 

●生活費のイメージ

国土が広いアメリカは、留学する都市によって必要な生活費なども大きく異なります。ここでは、アメリカ最大の都市ニューヨークと、カリフォルニア州のサンタバーバラに留学した場合の生活費のイメージを見ていきましょう。

ニューヨークは、数多くの博物館やコンサートホール、ミュージカル劇場が市内に位置するエンターテインメントの街です。生活費は工夫しないとやや割高になります。 しかし、ランチを自分で作って持っていくようにするなど、プランをあらかじめ立てて留学生活を送れば節約できるでしょう。

  • ランチをレストランで食べると、$20~30(1ドルは約110円。2,750~3,300円程度)
  • スタンドでサンドイッチを購入すると、$6~8(660~880円程度)
  • コーヒー、紅茶などは$2~5(220~550円程度)
  • 市内を行き来自由の定期を1ヶ月購入すると、$112(12,320円程度)
  • 定期なしで地下鉄やバスに乗ると一回乗車につき$2.50(275円程度)
  • 映画のチケット$12(1,320円程度)

 

カリフォルニア州のサンタバーバラは美しいビーチと山に囲まれ、まるで絵画から抜け出たような街並みが広がっています。一般人だけでなく、セレブ達にも人気のリゾート地です。

  • ランチをレストランで食べると、約$15(1ドルは約110円。1,600円程度)
  • スタンドでサンドイッチを購入すると、$6~8(660~880円程度)
  • コーヒー、紅茶などは$2~5(220~550円程度)
  • バスの定期を1ヶ月購入すると、$52(5720円程度)
  • 定期なしで地下鉄やバスに乗ると一回乗車につき$1.75(200円程度)
  • 映画のチケット$8~10(880~1,100円程度)

 

ビザ申請について

アメリカに留学する場合、非移民ビザの中のF1ビザ(学生ビザ)を申請する必要があります。

ただし、授業時間が週18時間未満のコースを選択していて、日本国籍の方であれば、90日以内の滞在に限ってはビザ免除プログラムで入国することが可能です。
したがって、その場合は学生ビザは必要ありませんが、別に電子渡航証明(ESTA)の申請が必要になります。ESTAはオンラインで申請することができます。
カプランの半日英語コースは授業時間が週18時間未満なので、90日以内の滞在であれば、F1ビザ(学生ビザ)は必要ありません。

カプランではビザ申請のサポートを行っておりません。ビザの詳細に関しては、米国大使館までお問い合わせください。

 

ビザ申請の方法

●ビザ申請に必要な条件
ビザの申請には、以下の書類が必要になります。それ以外の書類が必要となる場合もありますので、詳しくはアメリカ大使館までお問い合わせください。

●入学許可証(I-20)
「I-20」とは入学許可証のことで、米国政府から留学生の受け入れを認可された学校が発行できます。学生ビザ(F1)の申請には、学校が発行する入学許可証(I-20)が必要です。
カプランでは、入学手続きが完了した時点でI-20の発行手続きを行います。

 

ビザ申請のプロセス

1.入学手続き後、学校から入学許可証(I-20)を受け取ります。
2.DS-160(ビザオンライン申請書)を作成して提出します。
3.SEVIS(Student and Exchange Visitor Information System)費用をオンラインで支払います。
4.ビザ申請代金を支払います。
5.アメリカ大使館での面接の予約をします。
6.アメリカ大使館で面接を行います。
7.ビザの付いたパスポートを受け取ります。

 

語学留学時の滞在先

留学するときの主な滞在方法は、ホームステイと学生寮があり、カプランで手配することが可能です。それぞれメリットとデメリットがありますので、自分に合った滞在方法を探してみてください。

 

ホームステイの場合

●ホームステイのメリット
ホームステイでは、現地の一般家庭での生活が体験できます。ホストファミリーと一緒に生活すると、日常生活の中で英語に触れる機会を増やすことができます。また値段も学生寮と比べて安く、朝食と夕食が付くので食事の心配がいらないのもメリットです。 シングルルームとツインルームの2種類が選べます。

●ホームステイの注意点
ホームステイは、郊外に位置することが多い一般家庭に滞在するため、学生寮と比べて通学に時間がかかる場合が多いです(カプランでは、学校まで1時間以内で通えるホームステイ先を紹介しています)。 また、ホストファミリーと一緒に生活するので、ある程度家のルールに従う必要があります。

●ホームステイの費用
ホームステイの費用は、住む都市と部屋の種類によって変わってきますが、1週間あたり約20,000円~40,000円(朝、夕食付き)くらいが一般的です。

 

学生寮の場合

●学生寮のメリット
学生寮は学校から近い場合が多く、通学も便利です。世界中から来る留学生と一緒に生活するので、友達をつくりやすいです。また、シングルルームを選べばプライバシーも確保できます。

●学生寮の注意点
費用がホームステイに比べると高い点です。また、食事が付いていないので、自炊をする必要があります。

●学生寮の費用
学生寮の費用は住む都市と部屋の種類によって変わってきますが、1週間あたり約30,000円~70,000円(朝、夕食付き)くらいが一般的です。

 

アメリカでおすすめの学校

語学学校は大きく分けて2種類あり、都市部に位置するシティー型と、大学のキャンパス内にあるオンキャンパス型があります。好みや希望する留学スタイルに合わせて選ぶのが良いでしょう。

 

<シティー型の語学学校おすすめ3校>
シティー型の語学学校は、都市部に位置しているタイプの学校です。街の中心地に近いことが多く、観光やレジャーを楽しむのに向いています。英語の勉強と合わせて、都市での生活や観光なども満喫したい人にはおすすめです。

●ニューヨーク・エンパイアステート校
ニューヨークのシンボルであるエンパイアステートビルの63階にある学校で、カプランでも最も人気のある学校の一つです。教室からはニューヨークの絶景を一望することができます。一度はニューヨークに住んでみたいという人には自信を持っておすすめします。学校は300人規模の大型校です。

●サンフランシスコ校
サンフランシスコのダウンタウンにある学校で、バス停や地下鉄の駅にも近く、アクセスの良い立地です。教室にはインタラクティブホワイトボードが設置され、ほかにも学生ラウンジやコンピュータールームなど、最新の設備が整っています。集中ビジネス英語コースを開講しているので、スキルアップしたい社会人の方にもおすすめの学校です。

●ロサンゼルス・ウェストウッド校
名門大学UCLAのすぐ近くにある語学学校です。学生の町で、カフェやレストラン、映画館や美術館もあり便利です。学生数500人の大きな学校で、インタラクティブホワイトボードが導入されている25の教室をはじめ、コンピューターラボ、学生ラウンジなど、充実した設備を備えています。この学校はビギナークラスの用意がありますので、英語初心者でも安心です。

 

<オンキャンパス型の語学学校おすすめ3校>
オンキャンパス型の学校は、アメリカの大学キャンパス内に校舎があります。
大学付属の語学学校に通った場合と同じく、図書館やスポーツジムなどの施設を利用できることがほとんどで、アメリカの大学生活に近い環境の中で留学できます。
大学の雰囲気を感じることができるので、将来的にアメリカの大学・大学院への進学を考えている場合にはおすすめです。また、一定の入学条件を満たせば、そのまま現地の大学に進学することも可能です。

大学付属の語学学校と異なる点は、私立ならではのフレキシビリティがあることです。入学日や留学期間に関して、留学生のニーズに合わせて柔軟に対応してもらえます。
また、大学付属の語学学校は、基本的には大学教育で必要とされるアカデミックな英語を伸ばすことに焦点を当てています。

●ロサンゼルス・ウィディア校
ロサンゼルス市内から車で1時間の場所にあるウィディアカレッジのキャンパス内にある学校です。生徒数は約100名と小規模で、生徒と講師・学校スタッフの距離がとても近いアットホームな雰囲気の学校です。毎週火曜日には日本語を学ぶカレッジの生徒たちとの交換レッスンが行われており、現地のカレッジの学生たちと交流ができるのもオンキャンパス型の学校ならではです。

●シアトル・ハイラインカレッジ校
カプラン・ハイラインカレッジ語学学校は、シアトルのダウンタウンからバスで約30分のところにあり、同時に自然に囲まれている恵まれた環境です。カプランの授業を中級(上)で修了すれば、TOEFLのスコアなしにハイラインカレッジに編入できます。

●ゴールデンウェストカレッジ校
ゴールデンウェストカレッジに併設された語学学校です。サーフィンの絶好スポットであるハンティントンビーチにあります。アメリカ現地のキャンパスライフはもちろんのこと、世界的に有名なテーマパーク、ディズニーランドやナッツベリーファーム、ユニバーサルスタジオなどもすぐの位置にあり、アクティビティも豊富です。

アメリカの語学学校

学校 Best for 場所のタイプ 国籍比率
バークレー語学学校 スタッフがフレンドリーでアットホームな雰囲気です。10代の生徒さんも安心して留学できます。 小都市/タウン

都市の詳細

韓国 16.5%; 中国 14.4%; サウジアラビア 12.4%; ブラジル 11.5%; 台湾 8.7%
ボストン フェンウェイ語学学校 学校設備が新しく、特に学生ラウンジは開放感があります。 シティ

都市の詳細

サウジアラビア20%、韓国20%、ベネズエラ8.5%、コロンビア7.6%、ブラジル7.5%
ハーバード スクエア語学学校 学生が集まる小さな街のようです。近くに小さな公園もあり、落ち着いた雰囲気です。 シティ

都市の詳細

韓国15.6%、ベネズエラ9.9%、中国8.9%、コロンビア8.6%、ブラジル8.4%
シカゴ語学学校 有名な近代建築の数々とミシガン湖のコントラストが美しい街です。 シティ

都市の詳細

サウジアラビア21.4%、韓国14.4%、ブラジル13.1%、ベネズエラ11.5%、コロンビア6.7%
シアトル・ハイラインカレッジ語学学校 カレッジの学生と同じ建物内で勉強するので、キャンパスライフを楽しめます。 小都市/タウン, キャンパス

都市の詳細

日本28.1%、サウジアラビア17.5%、中国17.0%、韓国14.3%、台湾7.2%
ゴールデン ウェスト カレッジ語学学校 太陽が降り注ぐビーチとのんびりした雰囲気と活気に溢れるロサンゼルスを味わう ビーチ, キャンパス

都市の詳細

サウジアラビア29.1%、中国13.8%、日本13.4%、韓国13.0%、ブラジル6.3%
ロサンゼルス ウエストウッド語学学校 生徒数の多い規模の大きな学校です。アクティブに活動したい方におすすめです。 シティ

都市の詳細

サウジアラビア20.9%、中国14.2%、韓国10.8%、日本8.2%、ブラジル7.3%
ロサンゼルス ウィディア語学学校 治安の良さを重視し、キャンパスライフを楽しみたい方におすすめです。 小都市/タウン, キャンパス

都市の詳細

中国33.8%、サウジアラビア13.0%、日本9.4%、韓国7.9%、ロシア5.4%
マイアミ語学学校 国籍バランスが良い学校です。観光地コーラルゲーブルズにあります。 シティ, ビーチ

都市の詳細

ベネズエラ26.5%、ブラジル11.6%、サウジアラビア8.5%、フランス6.7%、コロンビア5.7%
ニューヨーク・エンパイアステート語学学校 アメリカ一番人気の校舎です。 シティ

都市の詳細

韓国21.9%、ブラジル9.9%、日本9.5%、フランス8.5%、ドイツ6.8%
ニューヨーク ソーホー語学学校 社会人や英語レベル上級の方におすすめです。観光客よりも地元の人や学生が多い地域です。 シティ

都市の詳細

韓国24.7%、ブラジル9.6%、日本7.1%、フランス6.7%、トルコ5.5%
フィラデルフィア語学学校 レジデンスがとても綺麗です。週末には電車でNYに観光に行けます。 シティ

都市の詳細

サウジアラビア51.3%、ブラジル9.7%、韓国8.0%、ベネズエラ5.6%、コロンビア4.4%
ポートランド語学学校 教師・スタッフと生徒の距離が近くアットホームな雰囲気です。 シティ

都市の詳細

サウジアラビア60.2%、日本8.3%、韓国7.6%、コロンビア5.0%、ブラジル4.1%
サンディエゴ語学学校 新しい校舎は明るくて、綺麗です。観光もかねて渡航される方におすすめです。 シティ, ビーチ

都市の詳細

サウジアラビア33.4%、ブラジル16.3%、韓国13.8%、中国5.5%、イタリア4.4%
サンフランシスコ語学学校 一般英語からビジネス英語まで様々なコースを開講しています。 シティ

都市の詳細

韓国25.7%、ブラジル12.5%、サウジアラビア9.4%、中国9.1%、日本5.7%
サンタバーバラ語学学校 ダウンタウンやビーチ、何処へ行くのも便利なロケーションです。 小都市/タウン, ビーチ

都市の詳細

中国29.0%、ブラジル16.0%、韓国8.7%、サウジアラビア8.2%、日本6.9%、ドイツ6.5%
シアトル語学学校 新しい校舎の窓からは海が一望できます。ダウンタウンにも近く便利なロケーションです。 シティ

都市の詳細

サウジアラビア26.5%、韓国17.0%、中国10.3%、日本8.2%、コロンビア6.6%
ワシントンDC語学学校 新しい校舎で最新の設備を整えています。ホワイトハウスまで徒歩10分です。 シティ

都市の詳細

サウジアラビア30.9%、ベネズエラ10.7%、ブラジル8.5%、コロンビア7.9%、韓国7.2%

Kaplan Teens English Programs in アメリカ

学校 Best for 場所のタイプ 対象年齢
ロサンゼルス・ウィディア ジュニア留学 アメリカのキャンパスライフを体験したい 12 歳から 18 歳の学生が対象です シティ, キャンパス

都市の詳細

12 - 16 歳
サンディエゴ ジュニア留学 大都市でゆったりくつろぎながら太陽をいっぱい浴びたい、14 歳から 18 歳の学生が対象です シティ

都市の詳細

14 - 18 歳
サンフランシスコ・バークレー ジュニア留学 世界有数のアカデミックな環境での学習を希望する 14~18 歳の学生 シティ

都市の詳細

14 - 16 歳