短期留学でも英語はここまで身に付く!おすすめプランを紹介

英語の教材を購入してみたり、マンツーマンの英会話教室に通ってみたりしたものの、英語がなかなか上達しない――そんな悩みを抱えていませんか? 国内の日常生活で英語に触れられる機会は限られています。そこで提案するのが、2週間から始められる短期の語学留学です。ちょっとした休みに環境を変えて英語漬けになることによって、英語力のアップが期待できます。 この記事では英語力を伸ばしたいと考えている人に向けて、短期留学のメリットやどんな人に向いているか、英語力をアップする秘訣、おすすめプランをご紹介します。

短期留学のメリット

||目次||

1. 短期留学のメリット・向いている人

2. 短期留学で英語力をアップする秘訣

3. カプランの短期留学プラン

4. 自分の夢や目標を描いたら、楽しい短期留学へ!

 

短期留学のメリット・向いている人


まずは、短期留学のメリットはどこにあるのか、短期留学に向いているのはどのような人かを見てみましょう。

 

●短期留学とは?

短い期間で語学を学びに行くことで、カプランでは5カ月未満までの留学を短期留学と言います。最短で2週間から留学可能で、目的や学力のレベル別にコースを選ぶことができます。

 

●メリット

短期留学のメリットは大きく2つ挙げられます。
1つめが長期留学よりもコストを抑えられる点です。留学にかかる費用の内訳は大まかに学費、滞在費、渡航費があります。長期留学の場合でも渡航費はほとんど変わりませんが、短期留学では学費と滞在費のコストが安くなります。滞在先や留学時期などによっても異なりますが、例えばイギリスに1カ月の短期留学に行く場合の費用は約50万円程度で、6カ月間の長期留学では約170万円程度がかかるでしょう。

また、短期留学の場合は目的別にコースを選択可能です。「観光も楽しみたい」「集中して英語を学びたい」など、語学留学の目的は人によって異なります。期間だけでなく、授業時間数を選択できるプランを用意しているところもありますので、目的に応じた学び方を選べます。

 

●短期留学向いている人

初めて留学を考えている人に短期留学は向いています。慣れない土地で1年近く生活しながら英語を学ぶのは、なかなかハードルが高いもの。いきなり長期留学に挑戦するのではなく、まずは短期留学で留学の感覚をつかむのも一つの方法です。
また、「一度留学した」という経験が心理的な余裕を生み、再び留学する際には、よりのびのびと学習に集中することができるでしょう。

短期留学は、夏休みなど限られた休みを利用して留学したいと考えている人にもおすすめです。大学を休学したり、会社を休職したりしなくても、海外に学びに行くことができます。 中には転職の合間に短期留学を利用する人もいます。転職時にアピールするため、新しい会社で働き始める前に英語を上達させるためなど、理由はさまざまです。

 

短期留学で英語力をアップする秘訣


短期留学のメリット

短期留学を成功させるためには努力が必要です。ここでは、短期留学を成功させる3つの秘訣をご紹介します。

 

●明確な目標を設定する

短期留学に行く前に、留学を終えたらどれくらいのレベルになりたいか、目標を決めておきましょう。例えば、「授業中に講師と英語で質疑応答や議論をできるようになる」でも良いですし、語学検定の級数や資格試験のスコアを目標にするのもおすすめです。
語学留学では登校日初日にクラス分けのためにレベルチェックテストが行われるので、初日のレベルから最終的に目指すレベルを決めるのも良いでしょう。

ちなみに、短期留学ではどれくらい英語力がアップするのでしょうか。 個人の努力次第でも変化しますが、カプランの「インテンシブ英語コース」を選んだ場合には「10週間で英語レベルが1つ上がる」という目安があり、例えば留学前に英検2級レベルだった人は、10週間で英検2級レベル、20週間で英検準1級レベルまで、英語力が向上するとされています。

 

●日本語を使わないようにする

英語力向上の一番の秘訣は、英語をとにかく使うことです。 慣れない国での心細さからか、留学先では日本人のグループが形成されがちです。日本人の友達でも日本語で話さないようにしたり、日本人以外の留学生と交友関係を広げたりといった工夫によって、英語を話す機会は増やせます。普段の生活のSNSでのやりとりも、できるだけ英語を使うことをおすすめします。
また、イギリスなど、日本人留学生の少ない国を留学先に選ぶのも一つの手です。

 

●ホームステイを選ぶ

留学生を受け入れてくれるホストファミリーはネイティブです。朝起きてから夜眠るまで、英語漬けの生活を求めるなら、ホームステイを選んでネイティブとの接点をできるだけ増やすようにしましょう。ホストファミリーと生活を共にすると、語学学校だけでは学べないフランクな表現や日常会話を学ぶことができます。
また、ホームステイには学生寮よりも費用を安く抑えられるというメリットもあります。一方で、ホストファミリーの家は語学学校のある市街地から離れていることが多く、通学時間が長い場合があります。
カプランで紹介しているホームステイ先は、最大1時間以内で通学できる立地です。

 

カプランの短期留学プラン


では、実際にどのような短期留学のコースがあるのでしょうか。カプランでは「フレックス英語コース」「ビジネス英語コース」「英語試験対策コース」の3つをご用意しています。

 

●フレックス英語コース

フレックス英語コースは最も受講者に合わせた授業タイプを選ぶことができるコースです。授業を受講する期間は2週間から選ぶことができ、基礎や表現力など全体的な英語力を上げたい人に向いています。

・バケーション英語コース
英語の勉強をしながら、休暇や現地の観光も楽しめるのがバケーション英語コースです。このコースではスピーキング・ライティング・リーディング・リスニングのスキルを強化します。
最大の特徴は1日の授業時間が3時間であるということです。そのため、毎日英語を勉強しながら、それ以外のアクティビティも手広く楽しみたい人に向いています。また、長期留学の下見として留学の雰囲気を味わいたい人にもおすすめです。受講可能な国はイギリスアイルランドニュージーランドオーストラリアカナダアメリカと幅広くあります。

 

・ジェネラル英語コース
バケーション英語コースでは物足りないと思う人には、ジェネラル英語コースがおすすめです。このコースにはバケーション英語コースと同様の1日3時間のレッスンに加えて、オンライン学習や授業外のスタディーグループがプログラムに組み込まれています。
初級から上級までレベル分けを行った上で授業を受けるため、無理なく英語力の向上を図ることができます。その日に習った英語をすぐにオンラインで復習したい人や、友達と課題を解決しながら実践的な英語を身に付けたいという人に向いているでしょう。このコースはイギリスアイルランドニュージーランドカナダアメリカで受講可能です。

 

・インテンシブ英語コース
ジェネラル英語コースをビジネス向けに特化させたコースがインテンシブ英語コースです。ジェネラル英語コースのレッスンに加えて、週6時間の特別レッスンが設けられています。 特別レッスンの内容はビジネス英語や試験対策などで、学校によって違います。
英語全般の上達に加えてビジネス英語も身に付けたい人や、集中してできるだけ早く英語力を上げたい人に向いているコースです。 イギリスアイルランドニュージーランドオーストラリアカナダアメリカで受講可能です。

 

・インテンシブ英語イブニングコース
インテンシブ英語コースの中でも、夜間に開講しているコースです。 昼間の時間帯を自由に使えるため、ワーキングホリデーと合わせて受講する人が多くいます。週20時間のレッスンで、インテンシブ英語コース同様、短期間で英語力をアップさせたい人向けです。
イブニングコースを開講しているのは、オーストラリアパース語学学校シドニーシティー語学学校シドニーマンリー語学学校のみです。

 

●ビジネス英語コース

メールやプレゼンテーションをはじめ、職場での会話も含めてビジネス英語には特有の表現が多くあります。そうしたビジネスシーンで使える英語を身に付けたい人におすすめなのが、ビジネス英語コースです。

・ジェネラルビジネス英語コース
英語圏のビジネスシーンで使えるコミュニケーション術を、実際のケーススタディーやロールプレイを通して学びます。また、英文での履歴書の書き方も教えてもらえます。
英語を母国語とする同僚と仕事をしたい人や、同業の人と専門用語を交えたコミュニケーションを英語で行いたい人などに向いています。 このコースは、イギリスのレスタースクエア語学学校でのみ受講が可能です。

 

・ビジネス英語コース
ビジネス英語を基礎から叩き上げていきたい場合、一般英語とビジネス英語を並行して学習できるビジネス英語コースがおすすめです。このコースでは、ビジネスに必要なコミュニケーションとライティングに焦点を当てて、スキルアップを図ります。コミュニケーション面では、会社のミーティングや面接で使える表現を学習し、ライティングスキルではビジネスで使う書面の書き方や履歴書の書き方などが習得可能です。
ジェネラルビシネス英語コースよりも、英語の総合力を高めて自分のキャリアアップにつなげたい人に向いています。 このコースはイギリスアイルランドオーストラリアカナダアメリカで受講できます。

 

●英語試験対策コース

国際社会に通用する英語力を証明するには英検やTOEIC®だけでなく、国際的に広く認められている英語試験でスコアを獲得することが必要です。
例えば、海外の大学に留学したいならTOEFL®、海外の大学か大学院に進学もしくは海外企業に就職したいならIELTS®やケンブリッジ英語検定、アメリカで学位を取りたいならGMAT®というように、さまざまな試験があります。こうした試験の対策を行えるのが英語試験対策コースです。
語学学校の一部はテストセンターにもなっているため、慣れた場所で試験を受けられるというメリットもあります。
就職に英語力の証明が必要な人や、自分の受けたい英語検定の対策を徹底的に行いたい人におすすめです。
試験の種類によって異なりますが、主にイギリスアイルランドニュージーランドオーストラリアカナダアメリカで受講することができます。

 

自分の夢や目標を描いたら、楽しい短期留学へ!


短期留学の魅力は、ちょっとした休みに留学できること、自分の目的や目標に合わせてコースをカスタマイズできるところです。コースを決定するためには、「自分が留学を経て何をしたいのか」「どうなりたいのか」を具体的に思い描く必要があります。また、普段の生活も含めてできるだけ英語を使う機会を増やすようにすることが、英語力アップの秘訣です。 自分の夢や目標をより具体的にイメージして、楽しく充実した短期留学に出発しましょう。

 

シェアする
関連記事